最高峰バレエ団で初の黒人女性主席

世界最高峰バレエ団のひとつ、アメリカン・バレエ・シアターは30日、ミスティ・コープランドさんをプリンシパルに昇格すると発表した。米ニューヨークを拠点に、その78年の歴史を通して世界トップクラスのダンサーを迎えてきた同バレエ団で黒人女性がプリンシパルになるのは初めてとのこと。
4月に公開された米誌タイムとのインタビューで、コープランドさんは健康的なイメージとはどういうものか、どんなバレリーナがあり得るか、その手本を示すことが自身にとっても重要だと話し、「バレリーナは白人女性でなくても、すごく痩せてなくてもいいんです」、「それがアメリカン・バレエ・シアターが私を通して示そうとしていることであり、米国人がどう見えるかや、米国では夢がかなうこと、また努力と周りの支えによってなりたいものになれることを示しているのです」と語っている。
コープランドさんは今、アメリカン・バレエ・シアター初の黒人女性プリンシパルとして歴史に残ることになったが、同バレエ団は20年前に、アフリカ系アメリカ人男性のデズモンド・リチャードソン氏をプリンシパルに任命している。リチャードソン氏は現在、自らが設立を支援したコンプレッションズ・コンテンポラリー・バレエ団の共同芸術監督を務めているそうだ。
肌の色による人種差別の壁を破ったのはアーサー・ミッチェル氏。同氏は1956年、世界最高峰バレエ団のひとつ、ニューヨーク・シティ・バレエ団のプリンシパルになった。
こうしたことがニュースになること自体、まだまだ人種差別は根強く残っているということだが、これがきっかけでまた一つ差別がなくなる方向に向かってくれることを願う。

月9監督絶賛、役者・相葉雅紀

人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀が主演を務めている「ようこそ、わが家へ」。
温厚だが、どこか気弱な主人公・倉田健太がストーカーに立ち向かうストーリー。「怖い月9」として話題を呼ンでいる。
そして、今回メガホンを握る名匠・中江功監督は、控えめながらも、自信に裏打ちされた相葉の演技を絶賛した。
「愛という名のもとに」、「ひとつ屋根の下」などの1990年代の数々の名作ドラマから、「空から降る一億の星」、「プライド」、「Dr.コト―診療所」シリーズ、映画「冷静と情熱のあいだ」などで数々の名作で知られる中江監督。
実際に撮影に入り、「言い方は変かもしれないけど、相葉君は普通に役者でした。台本もちゃんと読めているし、シーンを感覚的に把握することもきちんとできていると思います」と役者・相葉を褒めた。
アイドルだけでなく、役者としての一面でてきた相葉雅紀。今後の活躍にも期待したい。

猫が喜ぶ”なでスポット”

イギリスにあるリンカーン大学の主任研究員サラ・エリス教授が猫に関する研究を発表した。それは、猫がどこをなでられるのが好きか?というものだそうだ。この研究結果によると、猫には確実な”なでスポット”があるそうだ。
ネコ科の動物たちの友好的な行為には体のある特定の部分が関係している。それは臭腺と呼ばれる臭いを出す器官で、口周り(あご、頬)、目と耳の間、しっぽの付け根周りの3か所だそうだ。
この研究では生後6か月から12歳までの34匹の猫を対象に行われた。実験を開始する前に実験者は猫になれる時間が与えられた。テストの対象は先ほど述べた3か所の臭腺部分と、その他の頭の頂点、首の後ろ、背中の上部、背中の中部、胸と喉といった体の5か所の計8か所。条件を一定にするため体をなでる順番はランダム、なでる時は二本指で各部分を15秒間だけ、とルールを設定した。また、猫はいつでもその場を去ることができる。
実験者の手がしっぽに近づくにつれて否定的な行動が目立ったそうだ。つまり、しっぽの近くは人間になでられるのはあまり好きではないのだ。
第二の実験では20匹の猫が使われ、飼い主が決められた順番通りに猫をなでた。ひとつは頭から背中を経てしっぽへ、もうひとつは反対の順番だ。この実験に関してはなで方は特定していないとのこと。すると、逃げた猫は3匹のみだったそうだ。この実験でもなでる順番に関わらず、猫はしっぽの近くを触れられるのを嫌がったそうだ。
これらの実験から、飼い主はしっぽの付け根周辺を触るべきではないと言うことが分かった。その代りに、顔や顎、目と耳の間をなでると猫はとても喜ぶそうだ。
しっぽ自体を触られるのを嫌がる猫は多いが、しっぽの付け根をなでられて喜ぶ猫もいるのだが、これはどういうことなのだろうか…?

生徒に内緒で黒板ジャック

朝、いつものように学校に行くと黒板いっぱいにチョークで絵が描かれていた。そんな
事件」があちこちで起こっているそうです。仕掛けたのは武蔵野美術大学の学生たち。半日近くかけて描いた絵は始業開始前に消されてしまうので、時間限定のアートですが、作品は消えても美術の楽しさは子どもたちの心に刻まれています。
2011年に始まったこの「黒板ジャック」。これまで12の学校で120を超える黒板に描かれてきました。ムサビ生が外部講師として小中学校や高校を訪ねる「旅するムサビ」の一環として、学生が来たことをインパクトのある方法で知らせて企画を盛り上げようと始まったそうです。今回は「卒業」をテーマに東京家政大の学生も参加して前日に制作したとのこと。2人1組で1つの黒板を担当し、チョークの先を削ったり、ティッシュや刷毛でぼかしたり。黒板から離れて何度も構図を確認する学生もいれば、歌いながら絵を描く学生もいたそうです。黒板ジャックは大学の授業ではないため、単位も出なければアルバイト代ももらえません。それでも学生たりは児童生徒たちに美術の楽しさを知ってもらいたい、チョークでどこまで出来るか挑戦したい、そんな気持ちで参加しているのです。ムサビの2年生で油絵を専攻している鈴木奈緒さんは高校時代に黒板ジャックを体験し、その感動もあってムサビに入学し、昨年末には「母校で黒板ジャックを」という希望を実現させたそうです。黒板ジャックを主催しているムサビの三澤一実教授は、「美術は体験しないと伝わりません。黒板ジャックを通じて、美術が日常と一体化して生活の中に息づいていることを感じてもらえれば」と話しているそうです。日常の中に美術が現れることで感動し、心を動かされるというのは素敵なサプライズですね。

バレンタインデー

早いもので2015年も2月となりました。2月の一番のイベントはやはりバレンタインデーですよね?
皆さんは誰かに渡したりしますか?本命チョコに義理チョコ。
今年のバレンタインデーは土曜日ということもあり、会社で義理チョコを配る方も少ないかもしれません。
では、本命の人にあげるチョコレートは手作りなのか?市販のものなのか?実際に男性はどちらの方が嬉しいのでしょうか?
また、金額はいくらくらいなのでしょうか?少しご紹介します。
アンケートの結果、配偶者や恋人であっても、市販のチョコがいいという人は33%。一方、手作りがいいという人は25%という結果になりました。最近では潔癖症の人もいるので、市販のチョコの方がいいのかもしれません。市販に近い状態のクオリティや、ラッピングが出来る人は手作りでもいいかもしれませんね。あなたは今年、誰にどんなチョコレートをあげますか?

かぎしっぽ

猫の中には「かぎしっぽ」と呼ばれるしっぽがかぎ状に曲がっている猫が存在します。かぎしっぽは「幸運をひっかけてくる」と言われてありがたがられていたりもします。でもペットショップで売られているような血統書付の猫の中にはかぎしっぽの猫はいません。かぎしっぽはどのようにして生まれるのでしょうか?
一説には先天的な遺伝という説があります。親猫から受け継いだDNAによって生まれつきしっぽが曲がっているのです。親猫がかぎしっぽだと子猫もしっぽが曲がるのかというと、必ずしもそういうわけではないようです。当然しっぽがまっすぐな子猫が生まれることもあります。一番確率が高いのは親猫のどちらかが長いしっぽを持っていて、もう一方が短いしっぽの時だそうです。もう一つの説は後天的に変形してしまったケースです。生まれて間もない子猫のしっぽはまだ骨が柔らかくて変形しやすいため、母親のお乳を飲む時に兄弟猫や母猫に踏まれて曲がってしまうこともあるようです。成長過程でそのまま骨が固まり曲がったしっぽになってしまうということです。しっぽが曲がっていると何だか痛そうに見えますが、獣医によればしっかり骨が固まっていれば痛みは感じないとのこと。まっすぐなしっぽも良いですが、曲がったかぎしっぽも愛嬌があっていいですね。

LINEのトーク画面に雪が降る

クリスマスイブの24日、LINEアプリのトーク画面を開くと画面上部から雪が降ってくるという粋な演出があったそうです。端末を傾けると降る方向もちゃんと変わるこだわりっぷり。これで雪の降らない地域の人もホワイトクリスマスを楽しめたことでしょう。この演出はツイッターでも話題になっていたようです。ただし、この演出はiPhoneユーザー限定で、Androidユーザーは見ることはできなかったようです。
クリスマスの演出と言えばGoogleのトップページにもクリスマス限定のアニメーションが公開されていました。こうした何気ないところに小粋な演出が施されていると思わず笑顔になりますね。

東京タワーにハートマーク

一昨年開催されて話題を呼んだ「東京タワー クリスマス・ライトダウンストーリー」が今年の冬2年ぶりに復活するそうです。クリスマス当日の25日まで特別ライトアップしているとのこと。通常午前0時に消灯するライトアップが、期間中は少し早い19時30分に一旦消灯。再びライトアップが点灯するまでの30分間、大きなピンクのハートマークが大展望台に浮かび上がり、大展望台から地上を結ぶ8本のフラッシュライトがクリスマスソングに合わせてきらめく光のショーが実施されます。
東京タワーのライトアップが完全に終わる午前0時、消灯する瞬間を見たカップルは幸せになれると言われています。この伝説を信じて、東京タワーの足元には毎晩多くのカップルが集まるそうです。今年のクリスマスは残念ながら平日ですが、遅い時間のライティングイベントなら仕事が終わってからでも間に合いそうますね。

ココナッツ風呂

今話題の「ココナッツ風呂」の効果がすごいらしい。
食べてもよし、身体に塗ってもよし、人気7女優のミランダ・カーをはじめ、日本のモデル、女優もその効果を実感しているという。
では、実際どんな効果があるのか。
まず、傷跡が薄くなったり消えるらしい。体に誰しもひとつやふたつはある傷の跡。蚊に刺されを掻いてしまって残ったり、湿疹の跡だったり、女性なら誰でも悩みを抱えているのではないだろうか。
その傷跡にココナッツオイルをお風呂上がりに身体が濡れた状態で塗ったり、お風呂に大さじ1杯入れることで傷口が薄くなったり消えるというから驚きだ。
また、メイク落としにも使えるという。手ごわいマスカラもみるみる落ちる。ココナッツオイルに砂糖を入れることによって、スクラブ効果もあるという。また、髪に塗ればへアパック効果もアリ!お風呂の前に髪の毛にココナッツオイルを塗り、タオルを頭に巻いて蒸し状態に、そのあとシャンプーとリンスをすると、驚くほどさらさらヘアーに!また、ココナッツオイルでドレッシングを作ったり、ココナッツオイルでクッキーやお肉を焼いたりしても痩せやすい身体になり効果があるという。
なんでも使えるココナッツオイル。あなたも使ってみてはいかがですか?

同性婚

先日21日に歌手のエルトン・ジョンとそのパートナーであるデービッド・ファーニッシュさんが結婚したそうです。2人は2005年に婚姻関係に準じる「シビル・パートナーシップ」を結んでいました。日本でもこの間女性芸能人の2人が同性婚を発表したばかりです。日本では現在同性婚は法的には認められていませんが、来年4月に都内で結婚式を挙げる予定だと公表しています。海外でも同性婚を認める動きはだいぶ広まっており、日本もニューハーフタレントがテレビなどで活躍するなど性同一性障害や同性愛者への理解がだいぶ進んだように思います。それでも法的にはまだまだ認められていない部分もあるので、今回の発表が何かを変えるきっかけになるのかもしれません。
一方イスラム国では「同性愛者」の2人が投石による公開処刑に処されたという事実もあります。イスラム教では一般的には同性愛は禁じられています。2人は所持していた携帯電話の動画などを根拠に罪を問われたとのことです。シリアとイラクで活動するイスラム国は、支配に抵抗する人々を虐殺しているそうです。今回処刑された2人はイスラム国に反発していたため、同性愛を口実に処刑されたのではという見方も出ているそうです。宗教によって許されないという部分も確かにあるとは思いますが、それによって命を奪われるということがなくなってくれれば良いと願うばかりです。

カテゴリー
お気に入り