ロケットの再利用に初成功

米民間宇宙企業「ブルーオリジン」が22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させたそうだ。一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減に繋がるという。
ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸したそうだ。宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウェアにも改善を施して再利用が実現したという。
ブルーオリジンは、米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。
米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていないそうだ。
今後、再利用ができるようになれば経費の削減につなげられるのだろうか?

レコ大、三代目が2年連続受賞

年末に57回目の日本レコード大賞の最終審査が行われ、ダンスボーカルグループの「三代目JSoulBrothersfromEXILETRIBE」が大賞を受賞した。昨年に引き続き2年連続で2回目となる。
受賞した楽曲は「UnfairWorld」。女優の篠原涼子さんが主演したドラマ「アンフェア」の劇場版にあたる「アンフェア the end」の主題歌に起用されていた。この曲は、9月2日に発売された19枚目のシングルで、大切な人を守り切れない切なさや儚さ、悲しみを表現したミディアムバラードだという。昨年は、ランニングマンダンスが印象的な「R.Y.U.S.E.I.」で大賞を受賞している。
ボーカルの今市隆二さんは「本当に心から嬉しいです。自分たちにかかわってくれた全ての人、メンバーに感謝したい」と語った。
2回目にして2年連続の快挙だ。来年の大賞はどのアーティストがとるのか注目したい。

不振の紅白・・・マンネリ化目立つ

昨年の大みそかに放送された、第66回NHK紅白歌合戦の平均視聴率は、午後9時から11時45分の第2部で39・2%でした。
前年から3・0ポイント減となり、8年ぶりの40%割れを記録しました。
2部制に移行した1989年以降で最低の記録となりました。
視聴率の記録が残る、1962年以降でも歴代最低の視聴率。
脱マンネリを掲げ、出場歌手の世代交代を進める紅白歌合戦ですが、演出などでマンネリが目立ったのではないでしょうか。
午後7時15分からの第1部も34・8%、前年から0・3ポイント減。
2部の39・2%は、04年の39・3%を下回り過去最低を記録してしまいました。

ウミネコの聖地、焼失からの再建

八戸港から突き出したような岩山が、国内有数のウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている蕪島。春になると、島は満開の菜の花で黄色に染まり、飛来した3万5000羽の独特の鳴き声が響き渡る「ウミネコの聖地」だ。
古くからの漁師町である同市鮫や白銀地区にとって、ウミネコは魚の居場所を知らせてくれて、富や幸福をもたらす存在として大切にされてきた。今日、鳥居の階段脇には糞よけの傘が設置されているが、「空からの運が降ってくる」として、糞が命中した人は会運証明書がもらえるほか、蕪島と株にちなんで「株が上がる」「自分の株が上がる」と人気を集めている。
今月5日の早朝、サイレンの音が港町の静寂を切り裂き、蕪島の上で720年の歴史をもつ「蕪嶋神社」は、真っ赤な炎を上げて焼け落ちた。春に約800組のウミネコが愛をはぐくんだ境内は、現在黒く焦げた本殿の柱が無残な姿をさらしたままだ。ウミネコにとっては幸いと言うべきか、一部の越冬組を除いて南方へ旅立った後で、大きな影響は出ていないようではある。
竹落ちた建物の片付けは年内いっぱいに終える予定で、八戸市の小林眞市長は2年後の再建を目指す考えを表明している。鳥居前や高台からの蕪島の眺望で知られる市水産科学館マリエントなどには募金箱が置かれ、お金を入れて手を合わせる参拝者の姿が絶えない。
ただ、本殿再建に向けて懸念がないわけでもない。繁殖シーズンに足の踏み場がないくらいに営巣するウミネコと工事の兼ね合いだ。
ウミネコの子育てには人間側の繊細さが欠かせないからだ。例年、参拝者の通路確保と注意喚起のため、境内に作られた巣を木で囲って少しずつ移動しているが、その作業は細心の注意を払って行われる。ウミネコが生む卵は平均2.1個。「春になってみないと分からないが、環境の変化で減ってしまわないかはやはり心配」と保護監視員の吉田さん。ましてや再建工事が子育てシーズンに重なった場合、ウミネコの産卵に影響が出ないかと懸念するのだ。
再建のスケジュールは今後、神社再建実行委で検討されていく予定だが、来月6日の「納め弁天」や年越し恒例の花火イベントは行われる見通しだという。また、シンボルの神社は焼けてしまったが、蕪島周辺では今、三陸復興国立公園の起点としての整備事業が進んでいるとのこと。来年3月には鳥居前にある休憩所と観光案内所を小高い芝生の丘で包み込むような格好で、ウミネコが子育てできる丘が新しく完成する予定だ。
「地元の人もショックを受けているが、帰ってきて一番ショックを受けるのはウミネコかもしれない。神社があって、ウミネコがいての蕪島だ。新しい丘に巣を作ってくれるかもしれないし、本殿の形がまた見えてくればきっと安心してくれるだろう」と吉田さんや杉本観光協会長は語る。地元の人のためにも、ウミネコのためにも再建工事が順調に進んでくれればいいのだが。

針穴サイズのカタツムリ発見

亜熱帯の中国南部の広西チワン族自治区で微小なカタツムリの殻が見つかった。
このカタツムリを新種に分類した。
生きた状態では発見できなかったが、殻の最大幅は0.86ミリと、針の穴に入るほど小さい。学術的に報告された種の中では世界最小とみられる。この新種は石灰岩地帯に生息するラッパガイ科のコナミジンマイマイ属する。
種名「ドミニカ」は、微小な殻を顕微鏡で入念に観察し、欧州の博物館にある類似の種の標本と比較して新種と突き止めたハンガリー出身の信州大研究員のバルナ・パルゲルゲイさんが、新婚の妻の名前から付けた。
専門家によると、カタツムリは約5万種。小さい種は見つかりにくく、実際には10万種ぐらいいるのでは。微小な種は鳥やネズミ類が餌にしにくく、天敵が少ないためだ。
早く成長して繁殖するように進化した可能性が高いと話す。

TOKIO城島、結婚よりも「無人島が…」

TOKIOのリーダー・城島茂が15日、都内で「白鶴 まる」新CM発表会に出席。11日に元TBS社員と結婚したメンバーの国分太一を祝福した。
国分の結婚会見から約2時間半後に行われたCM会見。祝福メッセージはすでに書面で発表していたが、結婚発表後、メンバーが公の場に登場するのは初めてで、「ご結婚おめでとうございます」と改めて生メッセージで祝福した。
メンバーからはことあるごとに恋愛や結婚の心配をされてきたリーダー。山口達也、国分に続くグループ3人目の既婚者として期待も集まるが、「太一君のように“ビビッと”出会えたら“まる”く収まるけど、無人島の作業が残っている。出会いはまだ先…」と、結婚がまだ先であることを語った。
この日の城島の言葉からは、メンバー内では、『少年隊の東山が結婚するまでは結婚しない』という暗黙のルールがあったことも分かった。ジャニーズには「結婚は1グループ1人まで」という”暗黙のルール”があるという都市伝説がまことしやかにささやかれていたが、このルールが崩れた今、次に結婚するのは誰かという憶測が飛び交っている。相手がいるかどうかという問題もあるが、城島リーダーにも早く幸せになってほしい。

ダルビッシュ・聖子、男児誕生

メジャーリーグ・レンジャーズのダルビッシュ有と元レスリング世界女王の山本聖子の間に男児が誕生した。
ダルビッシュが今月30日、自身のツイッターで「元気な男の子の赤ちゃんが産まれました」と喜びを報告。
また、関係者への取材によると、シーズン終了後にふたりは結婚することも分かった。
山本は、アメリカのダラスの病院で現地時間29日の午後に出産。
ダルビッシュは「母子ともに健康です。これからも家族で力を合わせて頑張っていきます。」とツイート。
「家族」という言葉を使い、結婚への決意をのぞかせた。
出産は先週の予定だったが、ずれ込んでいた。
2人ともバツイチで子供がいることから「結婚しないのでは?」とささやかれていたが、山本聖子の妊娠と2人の再婚を伝えた2月23日付の本紙報道通りオフに婚姻届を提出する予定とのこと。
ダルビッシュと山本聖子の最強の遺伝子を持つ男の子の誕生。将来、どんなアスリートになるのか今から楽しみだ。

最高峰バレエ団で初の黒人女性主席

世界最高峰バレエ団のひとつ、アメリカン・バレエ・シアターは30日、ミスティ・コープランドさんをプリンシパルに昇格すると発表した。米ニューヨークを拠点に、その78年の歴史を通して世界トップクラスのダンサーを迎えてきた同バレエ団で黒人女性がプリンシパルになるのは初めてとのこと。
4月に公開された米誌タイムとのインタビューで、コープランドさんは健康的なイメージとはどういうものか、どんなバレリーナがあり得るか、その手本を示すことが自身にとっても重要だと話し、「バレリーナは白人女性でなくても、すごく痩せてなくてもいいんです」、「それがアメリカン・バレエ・シアターが私を通して示そうとしていることであり、米国人がどう見えるかや、米国では夢がかなうこと、また努力と周りの支えによってなりたいものになれることを示しているのです」と語っている。
コープランドさんは今、アメリカン・バレエ・シアター初の黒人女性プリンシパルとして歴史に残ることになったが、同バレエ団は20年前に、アフリカ系アメリカ人男性のデズモンド・リチャードソン氏をプリンシパルに任命している。リチャードソン氏は現在、自らが設立を支援したコンプレッションズ・コンテンポラリー・バレエ団の共同芸術監督を務めているそうだ。
肌の色による人種差別の壁を破ったのはアーサー・ミッチェル氏。同氏は1956年、世界最高峰バレエ団のひとつ、ニューヨーク・シティ・バレエ団のプリンシパルになった。
こうしたことがニュースになること自体、まだまだ人種差別は根強く残っているということだが、これがきっかけでまた一つ差別がなくなる方向に向かってくれることを願う。

月9監督絶賛、役者・相葉雅紀

人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀が主演を務めている「ようこそ、わが家へ」。
温厚だが、どこか気弱な主人公・倉田健太がストーカーに立ち向かうストーリー。「怖い月9」として話題を呼ンでいる。
そして、今回メガホンを握る名匠・中江功監督は、控えめながらも、自信に裏打ちされた相葉の演技を絶賛した。
「愛という名のもとに」、「ひとつ屋根の下」などの1990年代の数々の名作ドラマから、「空から降る一億の星」、「プライド」、「Dr.コト―診療所」シリーズ、映画「冷静と情熱のあいだ」などで数々の名作で知られる中江監督。
実際に撮影に入り、「言い方は変かもしれないけど、相葉君は普通に役者でした。台本もちゃんと読めているし、シーンを感覚的に把握することもきちんとできていると思います」と役者・相葉を褒めた。
アイドルだけでなく、役者としての一面でてきた相葉雅紀。今後の活躍にも期待したい。

猫が喜ぶ”なでスポット”

イギリスにあるリンカーン大学の主任研究員サラ・エリス教授が猫に関する研究を発表した。それは、猫がどこをなでられるのが好きか?というものだそうだ。この研究結果によると、猫には確実な”なでスポット”があるそうだ。
ネコ科の動物たちの友好的な行為には体のある特定の部分が関係している。それは臭腺と呼ばれる臭いを出す器官で、口周り(あご、頬)、目と耳の間、しっぽの付け根周りの3か所だそうだ。
この研究では生後6か月から12歳までの34匹の猫を対象に行われた。実験を開始する前に実験者は猫になれる時間が与えられた。テストの対象は先ほど述べた3か所の臭腺部分と、その他の頭の頂点、首の後ろ、背中の上部、背中の中部、胸と喉といった体の5か所の計8か所。条件を一定にするため体をなでる順番はランダム、なでる時は二本指で各部分を15秒間だけ、とルールを設定した。また、猫はいつでもその場を去ることができる。
実験者の手がしっぽに近づくにつれて否定的な行動が目立ったそうだ。つまり、しっぽの近くは人間になでられるのはあまり好きではないのだ。
第二の実験では20匹の猫が使われ、飼い主が決められた順番通りに猫をなでた。ひとつは頭から背中を経てしっぽへ、もうひとつは反対の順番だ。この実験に関してはなで方は特定していないとのこと。すると、逃げた猫は3匹のみだったそうだ。この実験でもなでる順番に関わらず、猫はしっぽの近くを触れられるのを嫌がったそうだ。
これらの実験から、飼い主はしっぽの付け根周辺を触るべきではないと言うことが分かった。その代りに、顔や顎、目と耳の間をなでると猫はとても喜ぶそうだ。
しっぽ自体を触られるのを嫌がる猫は多いが、しっぽの付け根をなでられて喜ぶ猫もいるのだが、これはどういうことなのだろうか…?

カテゴリー
お気に入り