手取り20万円、一年で100万円貯める方法

手取り20万円だけど、1年で100万円を貯めた人がいる?!

こんなことを耳にしたので、実際どのようにしたらいいのか調べてみた。

まず、正確な1か月の収入を把握する、100万円の目標金額を定めた際のゴールやご褒美を設定する、

そして、100万円貯めるには1か月でいくら貯金をするのかを計算すること。

大きく分けてこの3つ。

それと、口座を4つ作り、「出費(家賃・光熱費・通信費など)」「自己投資費」「娯楽費」「貯蓄」の4つに分散する。

そして、毎月ここからお金を使っていく。

貯蓄の口座のお金は使わないということは必ず守りましょう。

次に、タダをフル活用して、無駄なものは買わない!

特に必要がないのにウィンドウショッピングをしたりするのはやめよう。

そして、500円貯金術を使う。実際、かなり貯まります。

お釣りなどで500円をもらったときは使わずに貯金箱に入れるようにする。

この方法も効率よく貯めることが出来るのでお勧め。

今日から実践して1年で100万円を目指そう。

 

酒造免許

日本では酒税法によって、アルコール度数1度以上の酒を製造する場合、届け出が必要で、地元の税務署長の免許を受けることを義務付けられている。違反した場合は10年以下の懲役か、100万円以下の罰金が科せれれる。

免許は種類別、品目別になっている。ウイスキーを作るにはウイスキー製造免許、ブランデーを作るにはブランデー製造免許を取得する。免許を受けた品目と異なる品目の酒類を製造したい場合は、改めてその品目の免許を受ける必要がある。

ただし、神社などの濁酒や、個人で楽しむ果実酒など販売を目的としないものに関しては適用外となる。