猫が喜ぶ”なでスポット”

イギリスにあるリンカーン大学の主任研究員サラ・エリス教授が猫に関する研究を発表した。それは、猫がどこをなでられるのが好きか?というものだそうだ。この研究結果によると、猫には確実な”なでスポット”があるそうだ。
ネコ科の動物たちの友好的な行為には体のある特定の部分が関係している。それは臭腺と呼ばれる臭いを出す器官で、口周り(あご、頬)、目と耳の間、しっぽの付け根周りの3か所だそうだ。
この研究では生後6か月から12歳までの34匹の猫を対象に行われた。実験を開始する前に実験者は猫になれる時間が与えられた。テストの対象は先ほど述べた3か所の臭腺部分と、その他の頭の頂点、首の後ろ、背中の上部、背中の中部、胸と喉といった体の5か所の計8か所。条件を一定にするため体をなでる順番はランダム、なでる時は二本指で各部分を15秒間だけ、とルールを設定した。また、猫はいつでもその場を去ることができる。
実験者の手がしっぽに近づくにつれて否定的な行動が目立ったそうだ。つまり、しっぽの近くは人間になでられるのはあまり好きではないのだ。
第二の実験では20匹の猫が使われ、飼い主が決められた順番通りに猫をなでた。ひとつは頭から背中を経てしっぽへ、もうひとつは反対の順番だ。この実験に関してはなで方は特定していないとのこと。すると、逃げた猫は3匹のみだったそうだ。この実験でもなでる順番に関わらず、猫はしっぽの近くを触れられるのを嫌がったそうだ。
これらの実験から、飼い主はしっぽの付け根周辺を触るべきではないと言うことが分かった。その代りに、顔や顎、目と耳の間をなでると猫はとても喜ぶそうだ。
しっぽ自体を触られるのを嫌がる猫は多いが、しっぽの付け根をなでられて喜ぶ猫もいるのだが、これはどういうことなのだろうか…?