「爆買い狙い」金色のパッケージ

「金色で爆買い誘え!」
医薬品メーカーなどがここ最近相次いで、中国人が好む金色の商品パッケージを採用しています。
背景には中国人観光客の目を引き、購買意欲を駆り立てる狙いがあります。
今年1~9月に日本を訪れた外国人は、前年同期比48.8%増の1448万人と過去最高を記録しました。
そのうち4分の1を占める中国人は、1人当たりの消費額が平均28万7000円と突出しています。
中でも、医薬品は「日本製が安全・安心」と人気が高くなっており、まとめ買いの需要が大きくなっています。
パッケージの色が売れ行きを左右するほどとなっており、爆買いの勢いは止まりません。
中でも、小林製薬は、発熱時におでこに貼る「熱さまシート(16枚入り)」の金色パッケージをひそかに1万箱つくり、9月半ばから外国人の買い物客でにぎわう大阪の心斎橋のドラッグストア19店舗で試験販売をしています。
青やピンクの通常パッケージ商品と色が違うだけで、中身も価格も同じになっています。
爆買いを誘うべく、「金色包装」「限量銷售」のうたい文句とともに、店頭に並べています。

ホテルオークラ建て替えで家具を販売

老朽化した本館を建て替えるホテルオークラ東京は、客室やレストランで使っていた家具や備品などをインターネット上で販売するそうだ。収益は東日本大震災の被災地の子どもたちを支援する団体などに全額寄付するという。
1962年5月に開業した本館は、「日本モダニズム建築の最高傑作」と言われ、国内外の賓客を半世紀以上にわたり迎えてきた。今年9月から休業し、解体工事が進んでいる。新本館は2019年に営業が始まる予定で、「オークラ・ランターン」と呼ばれたつり下げ式の照明や梅の花を模した机と椅子などは新本館でも使われるという。
旧本館の家具などの販売は11月4日から始まる。ヤフーと電通が共同運営するサイトでは、スイートルームやレストラン「桃花林」の椅子とテーブルのセットなど58品目343点をオークション形式で販売。「チケットぴあ」の特設サイトでは、じゅうたんや壁紙の加工品など27品目約2千点が1800円~100万円の定価で売り出される。
収益は福島県相馬市と岩手県大槌町で音楽教育を担う一般社団法人「エル・システマジャパン」などに全額寄付するとのこと。ホテルの担当者は「思い出の共有と社会への貢献が目的。譲ってほしいというお客様の声に後押しされた」と話す。
ホテルオークラゆかりの家具や加工品を購入できるというのは、ファンにとってうれしいことではないだろうか。再利用され、収益は寄付に使われるというのもとても素晴らしい取り組みだ。