昨晩の地震、東日本の余震ではない

昨晩、茨城県南部を震源する地震が発生。最大震度5弱を観測し、関東全域が揺れた。気象庁は会見を開き、この地震は東日本大震災の余震ではないことを説明したという。
気象庁地震津波監視課の課長、青木元氏は記者会見で、今回の地震と今後の地震活動について話した。
それによると、茨城を中心に、今後3日程度で震度4程度の地震がおこる可能性があるとのこと。また、今回の地域は関東区内では比較的地震が起きやすいところだが、東日本大震災の余震域からは外れているため余震ではないことを発表。
関東地方では、数年の間に首都直下地震が起きるとされている。首都直下型は震度7程度となる見込みだが、これついては「7クラスとどうつながるか、つながらないかは分からない」と発表し、「いつ何時起きてもおかしくない」ため、日ごろからの対策が必要だと話した。
いつ起きるか分からないと言われているが、せめて休日に自宅付近にいるときに起きてくれたらいいのにと思う。

オバマ氏広島訪問へ

安倍総理大臣は、アメリカのオバマ大統領が、5月27日の伊勢志摩でおこなわれる、伊勢志摩サミットの終了後に、安倍総理大臣とともに、広島を訪問することを発表しました。
一方のホワイトハウスは5月10日、訪問の意義を強調しました。
ホワイトハウスのアーネスト報道官によりますと、オバマ大統領の訪問について、「核なき世界の実現に向け、さらに前向きのメッセージを送ることになる」と強調しました。
一方、訪問が原爆投下の謝罪となるかについては、「誤った解釈」と述べ、否定しました。
ニューヨーク市民は、「アメリカの大統領が被爆地を訪問をするのに、こんなにかかってしまったが決意したのはうれしい」とし、「広島への原爆投下は、明らかにひどい出来事。だが、アメリカの歴史で必要だった」などと話しています。
依然、賛否両論のある広島訪問ですが、オバマ大統領は、さらなるレガシーづくりの決断をしたといえます。