パトカーからデジカメ盗む

パトカーからデジタルカメラを盗んだとして、秋田県警秋田臨港署は27日、窃盗の疑いで秋田市泉中央、配管工、吉田隆太容疑者(25)を逮捕しました。
逮捕容疑は5月13日未明、秋田市外旭川の路上で、車にひかれたと通報して事情聴取を受けたパトカーの後部座席からデジカメ1台を盗んだとしています。
事故の事実はなかったということです。朝になってデジカメがないのに署員が気付いたということ。
仕事で滞在していた宮城県塩釜市内で逮捕されました。
「よく覚えていない」と供述しているが、自宅の家宅捜索で、盗まれたデジカメが見つかりました。

彗星からアミノ酸の一種検出

地球上の生命の源が生命の天体によって運ばれてきた可能性を示す上で重要となるアミノ酸の一種「グリシン」が、彗星から初めて検出されたとの研究論文が発表されたそうだ。
米科学誌「サイエンス・アドバンシズ」に掲載された研究論文によると、欧州宇宙機関の無人探査機「ロゼッタ」が、67P/チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星を取り巻くコマから、タンパク質を構成する有機化合物のグリシンを見つけたという。
主執筆者であるスイス・ベルン大学ロゼッタ質量分析計「Rosina」主任研究員のキャスリン・アルトウェッグ氏は、「彗星の薄いコマからグリシンが明確に検知されたのは、今回が初めて」としているとのこと。
論文によるとグリシンに加え、リンも検知されたという。これらは、DNAや細胞膜の構成をするそうだ。
これまでにもコマからグリシンが見つかったケースは報告されていたそうだが、サンプルが地球上の物質によって汚染されていた可能性を排除することが出来なかったという。
地球上の生命を構成する要素をめぐっては、彗星や小惑星の海へ衝突によってもたらされた可能性があると長年考えられてきたそうだ。
他にも地球のように彗星からこうした要素がもたらさせて、生命が誕生している星もあるのかもしれない…。