ペットの熊に襲われる

長野県の農業施設で飼育されていた熊が飼い主を襲う事件があった。
襲われたのは降籏ライスセンターと共同でツキノワグマを飼育していた、会社員・三原治雄さん(56)で、息子に檻で倒れているところを発見された。
三原さんは病院に搬送されたが、その後死亡。息子も噛まれて軽症を負ったが命に別状はないという。
県警は、「おそらくはエサなどをやる際に檻を開け、何かの拍子に襲われたのでは」と話している。
三原さんらが熊の飼育を始めたのは、8年程前。漁師が始末した親熊の近くにいた子熊で、昔から懐いていたという。成獣となった今では180センチはある大型の熊になった。今後はおそらく殺処分となるそうだ。
昔から飼っていても肉食獣であることには変わらない。じゃれたつもりだったとしたら、悲しい話だ。